”一級塗装技能士”と”外壁診断士”が
『ありがとう』の言葉を目標にお客様目線で対応


ワンランク上の丁寧な仕事で、納得の仕上がりをご提供します!

仙台市地域密着の業者として塗装業一筋、お客様から「お願いして本当に良かった!」と感謝のお声をいただける丁寧な仕事をモットーに、自社施工にこだわり、中間マージンをかけずリーズナブルな価格で屋根塗装、外壁塗装の施工を行い、想像以上の仕上がりを提供いたします。
経験が豊富な職人がお見積りから施工は勿論、アフターフォローまでを責任もって担当させていただきます。
プロの職人技でみなさまのお悩みを解決します!

多賀城塗装工業の4つのこだわり

  • ワンランク上の丁寧な仕事

    細部まで手を抜かないプロの技をお約束します。

    1
  • 安心と信頼感のある対応

    お客様目線で対応できる職人ばかりです。

    2
  • リーズナブルな価格

    自社施工のため中間マージンなどがかかりません!

    3
  • 充実したアフターサービス

    塗装箇所以外にも気を配り、塗替え後も検査に伺います。

    4

施工事例の紹介

一覧を見る

地域情報


仙台市とは

仙台市(せんだいし)は、宮城県の中部に位置する。宮城県の県庁所在地であり、東北地方で唯一の政令指定都市。約109万人の人口を有し、人口や経済規模など多くの分野で東北地方最大の都市である。

仙台経済圏の拡大

2000年前後から始まった東北地方の陸上交通の再編の動きの中、仙台が小売の中心地として東北地方各地から買い物客を引き付けるように変化した。

2004年にはプロ野球チームの「東北楽天ゴールデンイーグルス」が誕生。他のプロ野球チームを持つ都市との間に交流が始まる一方で、東北地方全体からの誘客力も上昇した。2005年には、プロバスケットボールの「仙台89ERS」も設立した。

東日本大震災

 

東日本大震災による津波の被害を受けた仙台市(2011年3月12日)

1978年の宮城県沖地震から33年後の、2011年3月11日14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって、地震・津波の甚大な被害を受けることとなった。

仙台市内は震度6弱、震度6強の強い揺れに見舞われたが、政令指定都市で震度6弱以上の揺れを観測したのは、2005年の福岡県西方沖地震福岡市で震度6弱を観測して以来となる。

また、大津波が押し寄せた宮城野区若林区を中心に多くの家屋が倒壊・流失し、市内の全住宅約50万戸のうち10万戸以上が全半壊するという壊滅的な被害を受けた。仙台市内の死者数は約850人にものぼった。また、この時期に物流や商業の新拠点として開発がすすめられていた仙台港後背地も甚大な被害を受けた。

震災復興計画

震災後、津波の被害を受けた地域などでは、市が主導して復興特区制度を取り入れ、新たな地域産業の開拓を今後10年間行い復興する計画がされているほか、民間企業によるものも複数計画されている。

お気軽にお問い合わせください。 022-393-7726 【受付】9:00~18:00 【定休日】日曜日
メールでのお問い合わせはこちら CLICK

ご依頼の流れ

  • Step1 お問い合わせ

    まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。

    【☎022-393-7726 (月~土 祝日可 9:00~18:00)】

    ご相談内容や状況をお伺いしたうえで、現場下見及び見積りの日程設定を行わせていただきます。

    お問い合わせ

  • Step2 ご訪問・お見積り

    事前に決めた日時に一級塗装技能士と外壁調査士が下見にお伺いして現場の調査をさせていただきます。

    その際、ドローン建物調査やサーモグラフィーカメラ調査などが必要な場合もございます。

    お客様のご意見とご要望を取り入れたお見積書及び調査書等関連書類を作成して提案させていただきます。
    【全て無料で対応】

    ご訪問・お見積り

  • Step3 ご契約/お打ち合わせ

    ご検討いただき、ご納得いただけましたらご契約の旨をご連絡ください。ご契約に合わせて、色選び、着工や工程などの打ち合わせを行わせていただきます。

    お支払いには、現金・振込み・リフォームローンがございます。

    ご契約/お打ち合わせ

  • Step4 近隣挨拶

    工事着工前にご近所の皆様に工事開始のご挨拶をさせていただきます。その際には簡単な工程表もお知らせいたしますので、できるだけご迷惑が掛からないように努めます。

    近隣挨拶

  • Step5 工事着工

    お約束の日時から工事開始いたします。
    足場仮設工事、洗浄作業、下塗り作業の順に作業を進めていきます。

    工事着工

  • Step6 色確認

    中塗り作業に入った時点で施主様に色の確認をしていただきます。

    カラーサンプルやカラーシミュレーションなどでお決めになった色も実際の屋根や壁の大きさ、太陽の当たり方などでイメージとは違う場合が出てきます。
    この時点でしたら無料で色の変更が可能です。

    施主様にご納得いただけてから塗装を行いますのでご安心ください。

    色確認

  • Step7 工事再開

    中塗り作業~上塗り作業+付帯作業~窓やドアの拭き掃除及び
    敷地内の掃除~全体確認検査の後、全て完璧な状態でお引き渡しいたします。

    工事再開

  • Step8 完了=保証書発行・工程アルバムお渡し/お支払い

    工事完了後、ご確認いただきお引き渡しになります。
    お引き渡しに合わせて【保証書】【工程アルバム】をお渡しいたしますので工事代金をお支払いいただきます。

    【保証書】の保証期間内は保証内容に沿って無償で補修いたします。不定期にはなりますがアフター検査に伺わせていただきます。

    【工程アルバム】は見積り書通りの工程で作業をした証です。次回の塗り替え工事の時にも役に立つと思いますので保証書と一緒に大切に保管していただきたいと思います。

    完了=保証書発行・工程アルバムお渡し/お支払い

よくある質問

  • 塗り替えは本当に必要なんですか?

    建物は日々日光や風雨にさらされています。劣化して当たり前です。
    劣化すると新築当初、または塗り替え当初にあった表面のコーティングが無くなってきます。
    コーティングが無くなると雨や埃がスムーズに流れ落ちなくなりそこに留まり汚れやカビ、コケの原因になります。
    それができると更にそこに雨や埃が溜まる悪循環になります。

     

    そしてそれが腐食の原因になってサビや割れや剥がれなどの現症が起こることになります。

     

    なので永く住み続けるためにも塗り替えが必要になります。
    そして出来れば金額的なことを言えば、軽症の段階での塗り替えをお勧めします。

  • 塗り替え時期はいつですか?

    以下にあげることに一つでも該当することがありましたら塗り替え時期です。

     

    ①まずは、外観で見てみましょう。新築時や前回の塗り替え時のお写真と見比べてみてください。色褪せが無いかチェックしてください。次に屋根ならサビ、汚れ、コケなどが無いか。屋根が

    見えるところから汚いなと思わないか。          

     

    ②雨漏りはしていませんか? 

     

    ③壁を見てみましょう 壁を素手で触ってみて手に粉のようなものがつきませんか?チョーキング現象と言ってコーティングが無くなっている状態です。手についたのは劣化した塗料です。そのままにしていると雨風で流れ落ちてしまいます。

  • 支払は現金だけですか?

    支払は、現金と振込みとリフォームローンがございます。現金と振込みは工事完了後のお支払いになります。
    リフォームローンは、お見積り金額が確定した時点でのお申し込みになります。手続きは弊社で行います。

     

    原則、建物の所有者の方のお申し込みになりますが、ご高齢などの理由で同居家族の方のお申し込みも可能です。

    見積り金額が50万円以上で月々のお支払いが5,000円からになりますので無理のないお支払い計画が可能です。

     

    ローン会社は、有名なイオンプロダクトファイナンス株式会社ですのでご安心ください。
    ローンをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 多賀城塗装工業株式会社. All rights Reserved.